看護師

中年期に多い脊柱管狭窄症はリハビリで改善できる

腹膜と臓器の間に水が

女性

がんに侵された臓器の周辺の腹膜に炎症が起きる症状が、癌性腹膜炎です。この癌性腹膜炎が起こってしまうと、侵された臓器と腹膜の間に水がたまることがあります。おなかに針を刺してこの水を抜いてやりますが、体力の低下が心配されます。

もっと読む

腰痛のもとを改善する

先生

骨が神経を圧迫

中年期以降になると神経性の腰痛に悩まされる人が増えてきますが、これにはさまざまな原因があります。最も多いのは椎間板ヘルニアですが、それに次ぐのが脊柱管狭窄症です。脊椎は椎骨と呼ばれる骨が積み木のように縦に重なって構成されていますが、この中心には椎孔という穴が開いています。したがって、脊椎の中にはその穴が積み重なってできたチューブ状の空洞があります。これが脊柱管です。脊柱管の中には、首から胸にかけては脊髄が、腰の辺りには坐骨神経につながる神経の束が走っていますが、組織の老化などによって脊柱管が狭くなると神経を圧迫し、痛みやしびれを引き起こすようになります。これが脊柱管狭窄症です。腰椎部分に起こることが多く、腰痛や足腰のしびれ、歩行障害などが主な症状となります。

正しいトレーニングで改善

脊柱管狭窄症は、重度の場合は外科手術によって脊柱管を広げるなどの処置が必要になることがありますが、第一選択となるのは保存療法です。自然に治る病気ではありませんが、様子を見ながら適宜リハビリを行うことにより、身体の老化と上手に付き合っていくというのも1つの解決法です。脊柱管狭窄症に対するリハビリは、脊椎を支える筋肉を強化することを主たる目的として行います。具体的には、腹筋などの身体の表面にある筋肉と、腸腰筋などのインナーマッスルとをバランスよく強化していきます。脊柱管によって血管が圧迫されることもあるため、リハビリと並行して温熱療法などを行うことで血行を促進することもあります。リハビリを実施する場合は、必ず専門医の指示のもとに行うよう注意します。自己流で無理なトレーニングを行うと、症状が悪化することがあります。

勘違いしがちなこと

相談

神戸の整形外科に行くのなら、まずはいつも同じ患者さんがいるなら注意したいですが、逆にスタッフさんの顔ぶれが変わらないなら安心です。混んでいるのは、先生が優秀であることの証明にはなりませんから、混雑しないように工夫しているのか、掃除が行き届いているのかをチェックしましょう。

もっと読む

都市的で豊富な病院数

医者

世田谷区は非常に発達した都市で、アクセス利便性もよく、内科も豊富となっています。様々な特性の病院が存在しているので、自身に適した処置を行える病院を探したいものです。まずは、インターネットを使って情報を集めてみましょう。

もっと読む